FX投資で負けないコツを書くブログ

FX投資で負けないコツを書くブログ

バイオプは長期的に勝ってこそ意味がある

バイオプは短期間で結果の出る投資を繰り返すことで利益を積み重ねていくことになります。 例えば「30分後の円ドル為替がどう動くか」という形式なのであれば、そのバイオプは長くとも30分で決着することになるでしょう。 この短期間で結果が出るということはバイオプ最大の魅力でもあるのですが、しかしここで忘れてはならないのは「長期的に勝ってこそ意味がある」という部分です。 そもそもバイオプは胴元、この場合はバイオプを運営している業者と投資家の条件がフェアではありません。 投資家が予想を外せば業者がベットされたお金をすべて持っていきますが、しかし予想が的中したからと言って別途した金額の二倍をくれるわけではありません。 予想的中時のペイアウトは殆どの場合1.00~2.00倍の間で決まりますが、2.00倍に近い水準になるのはかなり可能性が低い予想の場合です。 仮に1.8倍のペイアウトがあったとしても、単純に考えて投資家の方がリターンが少ないということになります。 一度勝っても次に負ければ勝った分をまるまる失うどころか損失が出るわけですから、条件は投資家にとって不利なのです。 そのためバイオプにおいて「短期間で満足できるだけの利益を出そう」と考えるのは非常に大きなリスクとなってくると言えます。 もちろんバイオプをどのように運用して行くかは人それぞれですし、人によって原資の違いや、そもそも儲けようとしているかどうかの違いもあるでしょう。 ですがバイオプで本当に儲けを出したいとして考えるのであればこの「条件はフェアではない」ということをしっかり覚えておき、原資を失って終わるという最悪の結末を避けることを至上の命題とする必要があるのです。 この考え方はどのような資産運用においても通じることではありますが、短期間で結果がでるこの運用においてはことさら重要なポイントとして把握しておきましょう。 参考サイト:国内バイオプ業者の比較ランキング2015年!今人気の口座はココだ!

バイオプで勝つ方法

バイオプは他の投資とは異なる点がいくつもあります。 特に大きな違いとして挙げられるのは結果が出るまでの時間が短いことや、利息や配当による収益が無いことなどでしょう。 そうした違いがあるからこそ、バイオプで勝つには他の投資とは異なる視点が必要になることもあります。 さて、それではバイオプで勝つにはどのようなことを考えればよいのかというと、まず重要なのが「冷静に判断する」ということです。 これは特に「負け分を取り返そうとする」ということをなるべく考えないことが重要になります。 もちろん生じた損失をカバーすることは必要ですが、バイオプは短期間で結果が出るために「負け分を一度で取り返そう」と考えてしまう人が少なくありません。 ですがしかし、その考え方は非常にリスクの高いものとなります。 そこで配当を受け取ることが出来れば問題ありませんが、もし配当を受けられなければ損失はさらに膨らんでしまうでしょう。 重要なのは短期で勝つことではなく長期で勝つことですから、自分の原資を常に確認しつつ、継続できる範囲で投資することが必要になります。 また重要になるのが「情報を集める」ということです。 バイオプではさまざまな通貨や商品が投資の対象になってきますが、これまでの値動きを見るだけでは情報が不足することが殆どです。 特に通貨、為替レートに関してはこれまでの値動きを示すテクニカル分析だけではなく、国の金融政策や経済状況を含めたファンダメンタルズ分析も重要な役割を担うことになるでしょう。 失敗を繰り返す人ほどテクニカル分析だけを見ている傾向が強く出ますから、バイオプを行う際にはまずニュースなどの情報を集めて、最低限のファンダメンタルズ分析を行ってから投資をするかどうかの判断をすることが重要になってきます。 バイオプは他の投資と比べると長期的に勝っている人が多い傾向にありますが、それでも何も考えなければただ負け続けるだけだと考え、運だけに頼らない戦略を構築していくようにしましょう。

FX会社の選び方はスタイルで決まる

FXは外貨を売買することによって、利益を得る取引のことを言います。 インターネットの普及で一般の人でも利用できるような環境が整い、その人気はかなり高く市場規模も拡大していると言われています。 そんなFXの取引をする上で、必要になってくるのが、会社を選ぶことです。 基本的には大手のFX会社から選ぶべきなのですが、取引をはじめて数年が経つと、自分のスタイルに合ったところがわかってくると思います。 基本的にチェックするのは、レバレッジ、スプレッド、スワップポイント、手数料といったところですが、比較サイトであれば、ツールや情報の良し悪しも含めて、色々な選ぶ基準で会社が分けられているので、自分に合っているところが見つかるでしょう。 もちろん、長く続けるためには使いやすいところを選ぶのがスジですが、FXの会社を選ぶとき、初心者でなくとも、手数料やスワップポイントといったものに注目してしまいます。 FXをする以上、儲けたいという気持ちがあるので、当然と言えば当然なのですが、ここで注意したいのが会社の経営状態です。 顧客を増やすために手数料やスワップポイントといったものを無理をしているケースもあるので、スプレッド比較サイトなどで条件の良い会社を見つけたときは、大手だからといって安心しないで、なるべく色々な情報を調べて現在の会社の状態を把握しておきましょう。 上場している大手のFX会社がトラブルを起こすケースは稀ですが、用心するにこしたことはありません。

チャート分析をしたいけど説明を読むと良く分からない。
と言う人も多いと思います。
今回はチャート分析で大事な「押し目買い」と言う考えをご紹介します。

 

実は、ビジュアル的にもセオリー的にも大変分かりやすく、なおかつFXの本質を突いていると言う素晴らしい考え方です。

 

押し目買いとはロウソク棒と移動平均線を用いた考え方です。
パターンはいくつかあるのですが、移動平均線を基準と考えて移動平均線をロウソク棒が下回ったらレートが上昇するだろう。あるいは移動平均線を底や床と考えて移動平均線付近に近付いて行ったらまた上がっていくだろう。と言う考え方です。

 

これはビジュアル的にも大変分かりやすいですね。
この見極めだけをしたければグラフの数値は関係ありません。
ロウソク棒と移動平均線の位置関係だけを見ればよいのです。

 

またこれはセオリー的にも大変本質を突いたものとなっています。
移動平均線とはそもそも何なのかを思い出しましょう。
移動平均線とはある一定の日数のレートの平均値をグラフとしたものです。
表記はいろいろあります。
5日移動平均線,移動平均移動(10本)等です。
例えば5日移動平均線とは一週間のレートの平均値です。
7日ではないのは土日の市場が休みなためですね。

 

このように数日間の平均を表す移動平均線と現在のレートを表すロウソク棒の2つが表している値の差と性質を利用してレートの流れを読もうと言うのが「押し目買い」です。

 

実はこの考え方はチャート分析のほとんどに当てはまります。
チャートにはいくつもの指標があるのであなた自身で考えて分析方法を編み出すことだってできるのです。

続きを読む≫ 2015/02/25 06:17:25
これから資産運用を始めてみようと考えている方は、今の時代においてたくさんいらっしゃいますが、初心者にも優しい方向がございます。 取り引きをするためには、売買のタイミングをしっかりとらえて、動きを理解しながら取り引きをすることが大切です。 そこで活用すると良いのがMT4というシステムトレードの導入ですが、要は自動売買機のことになります。 自動売買機を活用するメリットとしては、いちいちパソコンやスマートフォンの画面を見続ける必要がなく、システムトレードで売買をするタイミングで取り引きを行ってくれます。 FXを効率良く行っているプロの方々は、当たり前のように取り入れている方法かもしれませんね。 MT4というのは、システムトレードの中でもさらにハイレベルな機器になります。 世界中で活用されている投資家さんがいらっしゃるでしょう。 海外のサーバーを使っている場合と、国内のサーバーを使っている場合がございますので、どちらかのニーズによって提供している会社を選ぶと良いと思います。 選ぶ時にはシステムトレードを行っているFXの会社のランキングを参考にしましょう。 初心者の方でも簡単に取り引きを行えるところがいくつかございます。 中にはスマートフォンをメインに、口座開設から取り引きまでを一括で行えるところがございますので、初心者の方におすすめです。 始めるならわかりやすく、安心出来るFX業者が良いですよね。
続きを読む≫ 2014/03/13 10:10:13
FXスプレッドは第二の手数料といわれており、自分達でしっかり判断して狭い証券会社に登録することで、より資産運用を活発に行えるようになります。 そのためには、インターネットの比較サイトでFXスプレッド比較をしておくことが重要です。 たとえば、固定制と変動制がある場合には、固定の場合のほうが、ある程度お得な感覚があります。 その理由として、相場の変動や状況によってスプレッドの数値が変わってしまう可能性がある変動制では、固定制度よりも多くの手数料を支払う可能性がでてくるからです。 このため、変動制かどうかをしっかり確認しておくことは、証券会社えらびの大きなウェイトをしめます。 比較サイトでは固定か変動か書かれていることが多いので、確認しておきましょう。 なお、原則固定制や、通常時固定制の場合には、相場の変動に合わせて変わる変動制に近いと考えておくと、選択肢が狭まります。 原則固定の場合には、ある程度証券会社によって異なりますが、一定以上の取引や相場の変動によって大きく異なる方法を指し、通常時固定の場合には、相場の変動のみによって変化がある可能性が高いのです。 また、ある程度の通貨ペアによっては、固定制をとっている証券会社もあります。 会社によって変動と固定の境界線はあいまいなものとなっているので、気になる証券会社のサイトを確認して、詳しく説明を読みましょう。 結果を踏まえて選択する証券会社であれば、適切に取引を実現しやすいのです。
続きを読む≫ 2014/03/13 10:09:13
FXにはスプレッドと呼ばれるものがあります。 スプレッドとは手数料のような物で、買値と売値が同じタイミングでも違う価格になっており、その差をスプレッドと呼びます。 買いが100円だとして、売りが99円だとすると、買った瞬間に1円損しているような感じです。 このスプレッドですが、最近は非常に安く、1銭だったり場合によっては1銭未満だったりします。 なんだ1銭くらい大したことないじゃないか、とお思いの方も多いと思います。 実際に計算してみると、その重要性がわかるかと思いますので、計算してみました。 スプレッドが2銭の業者で1万通貨の取引した場合10000×0.02=200円スプレッドが1銭の業者で1万通貨の取引をした場合10000×0.01=100円これを年間1000回行った場合、スプレッド2銭の場合200×1000=200000円スプレッド1銭の場合100×1000=10000円と、10万円も差が出てしまいます。 実際には、これ以上の通貨単位で、これ以上の取引回数になることも多いので、さらに大きな差となってしまいます。 デイトレーダーあるいはスキャルピングのようにわずかな差額で利益を出していく手法をとっている方は当然のように行っている各FX業者のスプレッド比較ですが、長期投資家の中には気にしてない方も多いような気がします。 スプレッドが安いという事はすれだけで利益が多くなり、損益が少なくなるという事ですから、これからFXをはじめようと考えている方はもちろん、今現在FXをやられている方も今一度各業者のスプレッドを比較してみてはどうでしょうか。 意外と無駄なスプレッドを払っているかもしれませんよ。
続きを読む≫ 2014/03/13 10:09:13
今やFXの投資商品を提供する証券会社はたくさんありますが、その中でもyjfxはとても魅力的な証券会社です。 yjfxは、もとはサイバーエージェントという証券会社でしたが、名称変更でyjfxとなりました。 この証券会社の強みは、第一にスプレッドの狭さにあります。 同業他社に比較して、特に人気の通貨ペアの間のスプレッドがとても狭いことに特徴があります。 より有利に売買を行えるということになります。 第二に、スマートフォンでもとても快適に売買注文をすることのできる取引画面の使いやすさです。 やはり、相場の変動をタイムリーにとらえる必要のある取引ですので、ストレスなく処理をすることのできる環境というのはとても重要です。 その点で、このyjfxの証券会社は使いやすいと好評の売買取引画面を提供してくれます。 第三に、無料のセミナーが充実していることです。 初心者の方から、中級上級の方まで幅広くセミナーを開催してくれています。 多くがインターネットを介したセミナーで参加が無料のものがほとんどです。 手軽にかつ気軽にセミナーに参加することができます。 第四に、取引高世界第三位という実績の大きさです。 利用金額が大きいということは、その分利用者の人数も多いということになります。 したがって、信頼性の高さは間違いありません。 ほかの同業他社と比較しても、信頼性は抜群だといえます。 これからFXを始めようと考える方は、このように多くの魅力を持ったyjfxの活用を検討してみてはいかがでしょうか。
続きを読む≫ 2014/03/13 10:08:13

ホーム RSS購読 サイトマップ